Philosophy

理念

# 01
「想いをカタチに」
モノづくり、デザインには創造力のみならず想像力が大切だと考えています。

その製品はどのように使われるのか、どのような感覚・感情を使う人に抱かせるのか、どのような問題が起こりうるのか…
想像力を働かせ、便利に快適に使用でき、感動さえ与えうる製品・システムを生み出したい、想いや思想を形にしていきたいと考えています。

単なるモノのデザインはしない、そのモノがある生活や社会をデザインしたいと考えています。
# 02
「言われた通りに創りません」
お客様に言われた通りに我々は開発やデザインを行いません。

お客様から依頼時にいただいた開発与件・仕様については、一旦我々なりに分析し、一から検討し直させていただきます。
ユーザーの視点、社会的な視点などから最適な構成・仕様を構築し直し、より良い製品の提案をさせていただきたいからです。

製品に見栄えの良い皮を被せる、いわゆるカバーリングデザインは行っておりません。
基本構造、アーキテクチャーのデザインからやらせていただきたいと考えております。
# 03
「機能からメッセージ性へ」
機能は製品の重要な要素の一つですが、メッセージ性も重要な要素と考えています。

機能は同じでもデザインにより、その製品を見る人に与えるメッセージは変わります。
いかに高機能・高性能な製品でも、使いにくく不格好な製品は、低機能・低性能な製品にしか見られず、正しい評価を得ることができません。

デザインにより顧客から正しい評価を得て選択されるためには、正しいメッセージを付与するためのデザインが必要と考えています。